WHOも認定している鍼灸という施術を大津市を中心に実施しお客様の不調に対応します

LINE
お問い合わせはこちら

大津市のしまだ鍼灸訪問治療院のお客様の声

東洋医学を用いることでより早期の不調からの回復を

大津市のしまだ鍼灸訪問治療院のお客様の声

西洋医学には西洋医学の強みがあり、東洋医学には東洋医学の強みがあり、両者はお互いの長所と弱点を補完し合える関係性にあります。健康寿命を根本から延ばしていくためには、西洋医学に加えて東洋医学の力が必要なのではないかと考えています。
また、訪問型のサービスもより発展を望んでおり、お客様のご自宅だけでなくお客様がご希望のあらゆる場所で施術できる体制を整えています。お勤め先のオフィスまで出張することも承りつつ、東洋医学の長所を活かした施術をお届けいたします。


企業様の福利厚生の一環としてオフィスでの施術を承ります

訪問型の施術を実施するにあたり、お客様のご自宅に直接伺う以外の形式で施術を実施できればと考えました。そこで企業様のオフィスに定期的にお出向きして、お昼休みなどのお時間に社員の皆様に施術を実施するサービスを開始いたします。日々仕事を頑張っていらっしゃる方々は大変ご多忙なケースも多く、仮にデスクワークで眼精疲労や肩こりに悩んでいても通院する時間を確保できないこともございます。
通院ではトータルで3〜4時間近くはお時間の確保が必要ですが、働くオフィス内で施術を受けいただく場合は30分〜1時間前後といったお時間の確保のみで、不調の軽減を目指すことができます。何より眼精疲労などが回復していくことで、仕事への集中力やモチベーションアップにも繋がり、会社全体の生産能力向上にも発展していく可能性がございます。正社員の方々への福利厚生の一環として、ご依頼を歓迎いたします。

鍼灸には「虚」と「実」という概念がありそれを元に施術を

東洋医学には独特の概念を元に不調へ働きかけますが、その一つに虚実というものがございます。これは人間の体質を意味していて、この体質に合った施術を実施してく必要があります。虚とは身体全体にエネルギーが不足気味な体質のことです。スポーツではエネルギー不足ですぐに疲労してしまい、すぐに眠たくなって早寝が習慣となり、徹夜作業は向いておりません。
実とはエネルギーが溜まりやすい体質のことです。なんだか調子が優れないというときに、スポーツで不要なエネルギーを発散させることで元気になり、食欲も旺盛で徹夜の仕事もこなすことができます。そして鍼を刺していくにあたり虚の方は少しの刺激で、施術後に好転反応が強く出ることで気持ち悪さを感じてしまう方も中にはいらっしゃいます。あくまで効果が効き過ぎて起こる前向きな反応ではございますが、お客様の体質を客観的に見極め、適した刺激量で不調の緩和を目指します。

西洋医学と東洋医学の長所を活かし合いながら健康的な毎日を

明治維新前後で西洋医学が日本に普及して以来、西洋医学が中心となった医療が日本では展開しておりますが、江戸時代までには鍼灸も広く普及していました。松尾芭蕉も日本全国を行脚するのに、毎朝に足の三里というツボにお灸を当てるのが習慣だったとも伝わっています。西洋医学は手術や人工的に成分を生成したお薬などで、不調そのものにピンポイントに働きかけが得意です。
一方で東洋医学はお身体の不調の根本原因に対して働きかけが可能なため、西洋医学で対処できないような慢性化した不調に対しても効果が期待できます。このように西洋医学と東洋医学の長所と短所はお互いに補い合う関係にあり、適切に使い分けることであらゆる不調への対応が期待できます。手術などの対応が必要な際は西洋医学を、慢性化して原因がはっきりしない不調の際には東洋医学をご活用いただくことで、早期回復を目指すこともできるでしょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。